自宅でできる逆流性食道炎克服法

逆流性食道炎は症状と原因を
理解して自分で治療しましょう!

  


逆流性食道炎の症状の改善・緩和



もしあなたが、

「いつも悩ましい胃のムカムカを何とかしたい」
「喉やみぞおちの辺りが、焼けるように痛い」
「突然こみ上げてくる、あの苦い水には耐えられない」
「人前で恥ずかしいので、ゲップを止めたい」

と悩んでいらっしゃるのなら、読むだけでも、逆流性食道炎の改善が出来ると思います。

もし、あなたが本気で逆流性食道炎を克服する気持ちがあるのなら、
1日のうち、わずかな時間を逆流性食道炎の対策のためについやしてみませんか?

薬を飲み続けるしかないと診断された逆流性食道炎を、
1日わずか10分で改善できてしまうのです。

なぜなら、あなたに合わせた最適な改善法なのですから・・・。

>>>逆流性食道炎克服法

逆流性食道炎で処方される薬は単に胃酸を中和しているに過ぎない!



ダウンロード版:【GKP】逆流性食道炎克服プログラム〜逆食対策の決定版!逆食の原因を根本的に改善する方法〜※慢性胃炎・急性胃炎・十二指腸潰瘍・胃潰瘍にも対応

逆流性食道炎の診断を受けると、たいていの人は
プロトンポンプ阻害薬(PPI)やH2ブロッカーを
処方されます。

実は、これらの薬は単に胃液の中の胃酸を減らす事により
たとえ食道に逆流しても、傷つけない様にしているだけなのです。

決して根本的な原因である、胃と食道の境目にある下部食道括約部
(かぶしょくどうかつやくぶ)の緩みを正常にする効果はないのです。

ちなみに、タケプロン・オメプラール・パリエットというのも
よく耳にしますが、これらもプロトンポンプ阻害薬の1種です。

これで、私が薬を切らして飲み忘れた時に、再発をした理由が分かりました。

単に処方されていた薬は、対処療法に過ぎなかったのです。


逆流性食道炎関しての理解



ダウンロード版:【GKP】逆流性食道炎克服プログラム〜逆食対策の決定版!逆食の原因を根本的に改善する方法〜※慢性胃炎・急性胃炎・十二指腸潰瘍・胃潰瘍にも対応

最近ますます健康に関する情報が、テレビ番組や雑誌で
取り上られる事が多くなってきています。

その効果もあり、ご自身の健康促進に向けて興味を持って取り組んでいたり
自分で勉強している方も増えてはいますが、逆流性食道炎関しての理解は
まだまだされていないのが現状です。

ためしに、あなたの症状を人に話してみてください。

「それって単なる、食べ過ぎじゃないの?」

と言われるのがおちです。

しかし、今では人間ドックで胃カメラ検査(内視鏡検査)した人の
約20%が 逆流性食道炎を発症しているという調査データもあります。

このように、逆流性食道炎は現代社会にとって珍しい病気ではないのです。

そして逆流性食道炎はなかなか完治が難しく、下手をすれば生涯
薬を飲み続ける必要があると、医者にいわれたかもしれません。

しかし、逆流性食道炎は改善できない病気ではありません。

要するに根本原因を失くしてしまえばよいのです。


実践された方の声・・


いつもお腹が張った様な感じで、ガスがたまる事が多く困っていました。
最初は、便秘か何かかと思っていたのですが、医者に診てもらった所、
逆流性食道炎ということが分かりました。

ひどい時は、仕事中にお腹が急に痛くなり、とても仕事が出来る状態
ではない事もありました・・・

ちょっと何とかしたいと思って調べていた時に、たまたまあるブログで
このプログラムの事が紹介されていて、「効果があった!」という記事が
書いていたのです。

早速、自分もやってみました。

まず、自分自身の症状を引き起こしている原因を探り、
それに沿ったいくつかの方法を試してみました。

効果的なツボや、継続的に行う整体等をやっていました。

最初の2、3日は変化がなく、大丈夫かなーと思ったのですが、
1週間が経過した所でお腹の張りが、かなりラクになりました。

お陰さまで、今では胃の不快感もお腹の膨張感も全て解消しました。

当時はかなり困っていたのですが、プログラムに助けられました。

>>>逆流性食道炎克服法
Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。